スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

もりのひなまつり

もりのひなまつり



昨日は3月3日、ひなまつりでしたね。


いつもはポカポカと暖かい日に、ひなたぼっこしながら折り紙でおひなさまなどを折ったりするのですが、今年はそんな余裕がありませんでした。


というか、すっかり忘れていたんですけど。


それでも当日、男の子2人の我が家だけれど、何もしないのは寂しいので、鮭ときゅうりとゴマと卵とのりだけの簡単なちらし寿司を作りました。


焼いた鮭をほぐし、薄切りにしたきゅうりは塩揉みして水気を切り、卵はスクランブルエッグにして、ゴマと刻みのりをたっぷり、すし飯に増せるだけ。


超簡単料理だけれど、子供たちも夫もお寿司大好きなので、喜んで食べてくれました。


そして、本棚に眠っていたひなまつりの絵本「もりのひなまつり」を読んであげました。


動物たちが森でひなまつりをする、かわいらしいお話です。


絵本の中で、3人かんじょが動物たちに甘酒をふるまう場面があり、それをマネして食後に甘酒を温めてみんなでいただきました。


長男(小学3年生)はおいしい!と、2回もお代わりをしたあげく、次男(幼稚園年長)の分までもらって飲んでしまいました。


変わったものが苦手な次男の口には、どうやら合わなかった様です。


残った甘酒で、今から何かおやつでも作ろうかと思っています。
| もりのひなまつり | 絵本 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

じてんしゃにのるひとまねこざる (岩波の子どもの本)

JUGEMテーマ:絵本紹介


じてんしゃにのるひとまねこざる (岩波の子どもの本)


最近の次男(幼稚園年長)のお気に入り絵本がこれ、「じてんしゃにのるひとまねこざる」です。


結構長いお話なのですが、もう何度も読んで!と持ってきます。


しりたがりやのおさるのジョージがいろいろないたずらをするのを、自分と重ねているのでしょうかねぇ。


「じてんしゃにのるひとまねこざる」では、新しい自転車をプレゼントされたジョージが、なかよしのきいろいぼうしのおじさんのいいつけ、「自転車を壊さない様に気をつけて遊ぶこと」「あまり遠くへ行かないこと」を破ってしまいます。


新聞配達の男の子に頼まれた、通りの向こう側の人たちの新聞を配るのも忘れてしまい、


サーカスの団長さんのいいつけである、「だちょうに食べ物をやらないこと」も守りませんでした。


すべて、しりたがりやであるためにこうなってしまうんですね。


悪気がなく、後でちゃんと反省もする。


まるで子どもたちと一緒、なところが子どもたちに人気の絵本である秘密なのでしょうね。


そうそう、この絵本の中で、ジョージが新聞紙で船(ヨーロッパの伝承折り紙だと思います)を折って川に浮かべて遊ぶところがあるのですが、ちゃんと折り方も紹介されていて、子どもたち、早速チラシで船を大量生産して遊んでいましたよ。


最近絵本はあまり購入していなかったのですが、ひとまねこざるの絵本のシリーズ6冊、全部集めたくなりました。
| じてんしゃにのるひとまねこざる (岩波の子どもの本) | 絵本 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/4PAGES | >>